コピーライティングを噛み砕いて解説

コピーライティングとは

コピーライティングスキルは
インターネットビジネスに超必須スキルです。

でもコピーライティングと言われても

「なんとなくはわかるけど自信ない・・・」

という方がほとんどですよね。

この超必須スキルがないと
インターネットビジネスでどのような事がおきてしまうのか。

一度腑に落としましょう。

本記事では、

【コピーライティング】

について噛み砕いて解説していきます。

 

 

では、動画の復習です。

この動画と記事で
コピーライティングの重要性をしっかり学んで下さい。

 

コピーライティングとは

私がインターネットビジネスはじめた当初は
“コピー”というとコピー機を連想していました 笑

違いますよ、コピーというのは文章です。

 

コピー = 文章

ライティング = 書くこと

 

イメージしやすいのは

  • キャッチコピー
  • コピーライター

とかのコピーですね。

 

しかし、
コピーライティングを直訳で

『文章を書くこと】というと
それは違います。

 

コピーライティングとは

商品やサービスの広告に使われる文章

のことを指します。

 

そのなかでもコピーには
大きく2種類に分けることが出来ます。

  • イメージコピー
  • レスポンスコピー

です。

 

イメージコピーというのは
“キャッチコピー”などですね。

そのコピーを見ることでユーザーに
興味を持ってもらったり印象に残すことを目的としています。

 

例えば映画広告の一文。

紅の豚の広告コピー
『カッコイイとは、こういうことさ』

見る前は「豚なのに!?」と思うのですが
見たあとは「異議なし!」と思う素晴らしいコピーですね。

他にも商品のCMで

綾鷹のCMコピー
『選ばれたのは、綾鷹でした。』

CMにはお茶に造詣の深い人を集め
選んだのは綾鷹であると

わかりやすく説得力のある
コピーになっています。

 

しかし、
我々が学ぶべきなのはこちらではありません。

反応をとるコピー、

レスポンスコピー

です。

 

レスポンスコピーとは

レスポンス = 反応 です。

文章でユーザーさんの
反応を得るコピーのことを言います。

 

インターネットビジネスの場合
コピーライティングというとほぼこちらを指しますね。

  • 文章を読みたくなるようなヘッドコピー
  • 共感・信頼を得るボディコピー
  • 購入の背中を押すコピー

など一つ一つに
すべて反応を得る“しかけ”があります。

その反応の結果、
成約に至るんです。

 

日記のように

「ふぅ~ん」

で終わらせてはダメということですね。

 

コピーライティングスキルがないと・・・

ポカーン

 

このスキルがないとどうなるでしょうか?

素晴らしい商品・誰もが認める商品を
紹介したいのに文章で良さが伝えられません。

むしろコピーの能力が低かったら
価値を下げてしまいますね。

さらに、
顧客との信頼関係が文章で築けません。

さらにさらに、
いくら集客しても“成約”に結びつきません。

 

反応がない = 存在価値がない

 

厳しいですが
これが実情です。

これが逆だとどれだけ素晴らしいかは
容易に想像できますね( ̄∀ ̄*)

 

最大のメリット

コピーの最大のメリットは
なくならないということです。

インターネット上に上げればそのコンテンツは
24時間365日消さない限りなくなりません。

つまり、

 

ずっと反応をとり続けるんです。

 

いいコピーのセールスページは
24時間働いてくれる超有能セールスマンに。

いいコピーでつくられたメルマガは
常に質の高いリストを集める超優良集客システムに。

 

俗にいう

“不労所得”

が現実化するんですね。

コピーライティングは
無限の可能性を持っているんです。

 

コピーライティングスキルを付けよう!

2対8

 

上手な文章を作れるようになるには
これしかないです。

 

書く。

書く。

書いて書いて書きまくる!!

 

残念ながらこれしかありません。

インプット2 : アウトプット8ぐらいですね。
1:9でもいいぐらいです(^▽^;)

とにかく書いて、読みづらいかチェック。
書きなおして読みづらいかまたチェック。

これを繰り返しましょう。

 

効果的なインプット

面白い文章を書くのに
効果的なインプット方法を紹介します。

  • ライティングスキル
  • 行動心理学
  • 社会心理学
  • 政治学

上手いコピーというのは
心理学を巧みに使用しています。

非常に面白いので
是非一度学んでみてください。

政治学では特に
人々の心を動かした“演説”ですね。

どういった文章でどういった構成で作られているか、
どの部分が心を震わしたかを分析してみてください。

 

・・・とまぁ、
難しく語ってきましたが一番簡単なのは

 

自分が心を動かされた文章を分析する

 

これが1番です。

CMをみて買おうと思ったら
どの文言に惹かれて買ったのか。

映画を見て「面白そう!」と思ったら
どの文言をみて面白そうと思ったのか。

普段から意識していきましょう!

 

効果的なアウトプット方法

私が行って特に効果的だったのは

“写経”

です。

「上手いなぁ」

「面白いなぁ」

と思った文章を書き写すんです。

上手いコピーライターになった気がしますし、
うまい文章の構成が自然にわかるようになります。

実際に書いてもいいし、
PCで打っても構いません。

声にだして読むとより効果的ですね。
是非やってみてください。

 

記事のまとめ

■コピーライティングを噛み砕いて解説■

 

○コピーライティングスキルはインターネットビジネスで必須!

○効果的なインプット・アウトプットをしよう!

○コピーライティングには無限の可能性がある!

 

以上、
ガンガンやっていきましょう!

LP-2  

りょうたろうにコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ