DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を噛み砕いて解説

DRM ダイレクトレスポンスマーケティング

人はセールスをかけられると
多少なりストレスがかかります。

そんなストレスを一切感じさせず
むしろ向こうから

「欲しいです!下さい!!」

と言わせてしまう手法があるんです。

それが・・・そう!

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)です!

本記事では、
個人で行う最強のマーケティング手法

【ダイレクトレスポンスマーケティング】

についてお話していきます。

 

 

では動画の復習です。

あなたがインターネットビジネスで
莫大な収益を得たいのなら必須スキルです。

必ず腑に落としてくださいね。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングとは

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは

 

顧客に直接反応を得るマーケティング手法

 

です。

販売者が顧客に直接(ダイレクト)
反応(レスポンス)を得るマーケティング手法。

それがDRMです。

 

まず先に言っておきますね。

このDRMというのは
個人で行う最強のマーケティング手法です。

 

最強。

 

最強です。

 

ありえないような収益を上げている
アフィリエイターさんの多くがこのDRMですね。

この最強手法のメリット・デメリットを含め
DRMの手法から説明していきます。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングを咀嚼して説明

DRM ダイレクトレスポンスマーケティング

 

まずはDRMが
生まれた理由から說明しますね。

ここがかなり大事です。

 

DRMは購買者がもつ不安や不満を
解決する目的として作られました。

 

モノを買う時は誰でも不安や不満、
要はストレスを抱えます。

そのストレスを限りなくゼロにするために
生まれたのがこのDRMです。

 

もう一度言いますよ。

 

DRMの目的は
購買者の不安や不満を無くすため

 

ここをしっかり理解しないと
DRMは機能しませんからね。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングの手法

インターネットビジネスでDRMは
メールマガジンを発行して行います。

DRMの手法は大きく分けて3つです。

 

  • 集客
  • 教育
  • 販売

 

この3つ、どれが欠けても
DRMの力が100%発揮しません。

全てを徹底的にやっていきます。

ではこの3つを順に詳しく見ていきましょう。

 

DRM手法その1~集客

テレビで流れるCMは
【欲しい・欲しくない】関係なく流れますよね。

お酒飲めない人の前にも
ビールのCMは流れるわけです。

このようなマーケティング手法は
“マスマーケティング”といいます。

とりあえず沢山の人に見てもらって
一部の人の反応を得る。

 

簡単に言ってしまえば

【下手な鉄砲も数打ちゃ当たる】

作戦ですね。

 

しかしDRMは違います。

まず、

顧客の不満や不安を把握し
その人に合った情報発信をします。

足が太いと悩んでる人に
足が細くなる情報発信をして集客する、

といった感じですね。

 

この集客の時点で
すでにマスマーケティングとは大分違います。

少なくとも【興味がある】という
状態の人が集まりますよね。

属性が絞れてるわけです。

 

DRM手法その1-2~リスト登録

インターネットビジネスのDRMで
集客の最終目的は“リスト集め”です。

要は、

属性がある程度絞れてる
メールアドレス集めですね。

 

検索エンジンやSNS、
YOUTUBEや無料レポートなど

ありとあらゆるところから
自身のサイトにきてもらい

メルマガ登録のLPから
メルマガに登録してもらいましょう。

 

・・・ですが、

多くの人は基本メルマガが嫌いなので
なかなか登録してくれません(TwT。)

ウブな層にもわかるりやすいLPに
するのはもちろんなんですが

一番手っ取り早いのは

 

「登録してくれたら〇〇をプレゼント!」

 

みたいに、

登録者限定の無料プレゼントを
用意すると効果的です。

楽天市場とかでも、

店舗によってメルマガ登録したら
送料無料などしっかり特典つけていますよね。

プレゼントは非常に効果的・・・
なのですがひとつ注意です。

無料なら何でもいい!
というわけではないんですよ。

どういうことかというと、

そのプレゼントが低クオリティだと
あなたは見限られます。

 

「こんなレベルの内容かよ・・・
 ってことはメルマガもショボいに違いないベ」

 

っと思われてしまうんですね(^▽^;)

見限られたらメルマガどころか
サイトにも遊びにきてくれませんので

圧倒的に役に立つ
価値のある情報を用意しておきましょう!

 

DRM手法その2~教育

メールマガジンに登録した時点では
まだ顧客は

「商品が欲しい」

わけではありません。

もちろん、

メルマガ発行者に全幅の信頼を
寄せてもいませんので

いきなり販売しても
売れるはずがないですよね(^▽^;)

なので、

教育して信頼構築をする必要があります。

 

自己紹介をして
まず自分を知ってもらい、

顧客が持っている不安や不満に対して
価値のある情報やコンテンツを与えます。

返信や質問がきたら真摯に答えてください。

発信者と顧客の双方向の
コミュニケーションで信頼を構築していくんです。

 

そして信頼を構築しつつ、

ベネフィットなどを用いて徐々に
商品の購買意欲を高めていきます。

メルマガ登録時の顧客は

「商品が欲しい」

という状態では無かったのですが
メルマガで徐々に

「商品が欲しい」

状態に変えていくんです。

ここはコピーライティングスキルが
非常に重要になってきますね。

 

DRM手法その3~販売

信頼がしっかり構築でき、
購買意欲が高まった時点で

顧客の不満や悩みを
解決する商品提案をします。

“教育”の時点でしっかり
信頼構築できていれば

疑心や不満などストレスを
一切感じずに購入してもらえるんです。

その商品の成約率は
ありえないくらい高くなるでしょう。

 

そして、
DRMはここからが重要なポイントです。

 

商品を購入し悩みが解決したら
さらに販売者に対して信頼を高まります。

 

「〇〇で悩んでたんですけど〇〇さんが教えてくれたこの商品で解決しました!」

「〇〇さんに付いてって本当によかった!」

 

となればもうその顧客は
あなたのリピーターになってくれます。

 

「〇〇さんが紹介した商品なんだから間違いない」

 

この最高の信頼をもったファンが
多ければ多いほどビジネスは長期的に安定します。

簡単に言ってしまえば
このようなファンが1,000人いたとして

1人が毎年一万円買ってくれたら
年収1,000万ですからね。

 

DRMは長期的な利益も生むんです。

 

DRMはインターネットビジネスとの相性バツグン!

DRM ダイレクトレスポンスマーケティング3

 

DRMとインターネットは相性抜群です。

その理由は以下の3つです。

 

  • 費用対効果
  • 効果測定
  • 時間帯効果

 

順番に見ていきましょう!

 

費用対効果が抜群!

まず1つが

費用対効果が抜群なこと。

インターネットを使ってDRMをするのに
そんなにお金はかかりません。

集客用のサイト構築に
使用するサーバー代ドメイン代。

教育用のメルマガスタンド代ぐらいでしょうか。

会社にもよりますが、
毎月2万円あればお釣りが出ます。

つまりリスクが少ないんですね。

 

効果測定がたやすい

2つめが

効果測定がたやすくできること。

DRMに測定は必須です。

 

  • LPの登録率
  • メルマガの購読率
  • 商品の成約率

 

などなど・・・。

 

メルマガ内の1文を変えたら測定、
LPの一部を変えたらまた測定と

どんどん広告テストを繰り返して
よくしていく必要があるんですが

インターネットの場合、
いまのように1文変えたらまた測定・・・

と簡単にできるんですよね。

 

これがリアルビジネスだと
そうはいきません。

例えば新聞紙に挟む折込チラシ。

チラシAとチラシBはどちらが
反応あったかを調べるのにだって

第1週の月曜日にチラシA。
第2週の月曜日にチラシBと2回に分ける必要がありますよね。

それだけで市町村にもよりますが
15万円くらいしますからね(〃゚д゚;A

 

それが簡単にできてしまうのが
インターネット×DRMなのです。

 

時間帯効果抜群

最後の3つめは、

時間帯効果が抜群なこと

メルマガで教育していくんですが
ステップメールを使えば初期教育は自動化が可能です。

その後の一括送信メールでも
1通書くのに1時間~2時間くらいでしょうか。

しっかり信頼構築できて
濃いファンを作れれば

ごくわずかの仕事量で
爆発的な報酬を稼ぐことが可能なのです!

 

唯一のデメリット

DRMの唯一のデメリットは

すぐ収入が発生しない

ということです。

 

集客にも時間かかるし、
圧倒的な無料コンテンツをつくるにも時間がかかる。

ステップメール書くのにも時間が掛かるし
LP作ったりなんだりと・・・

まぁーーーー時間がかかる!!

 

DRMは自動化も可能ですし、
短期間で爆発的な収益を上げることも可能ですが

それまでの仕組みづくりに時間がかかる。

まぁそんな簡単には稼げないよ!
ということですね(-。-;)

 

ですが、

このDRMはあなたがインターネットビジネスで
ありえないような収益を求めているのならば

間違いなく必須スキルです。

長い期間かけて
必ずモノにしていきましょう!!

 

記事のまとめ

■DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を噛み砕いて解説■

 

○DRMは顧客と信頼を築く最強マーケティング手法

○集客・教育・販売ひとつも手を抜かないこと

○DRMはインターネットビジネスと相性抜群

 

以上、
ガンガンやっていきましょう!

なぜ私の生徒はこうも実績をあげ続けているのか
その答えは日本一の教科書にあります

 
 
 
 

りょうたろうにコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ