マーケティングファネルで道筋を可視化する

マーケティングファネルとは

 

アクセスしてきた多くのユーザーから
商品を成約させるにはどうしたらいいか。

たくさんの見込み顧客の中から
リピーターになってもらうにはどうしたらいいか。

この道筋をたてるのに使用するのが
ファネル戦略です。

本記事では、

【マーケティングファネル戦略】

についてお話していきます。

 

 

では、動画の復習です。

ファネル戦略はインターネットビジネスで
重要な考え方なので

しっかり腑に落として下さいね。

 

ファネルとは?

ファネルとは漏斗です。

漏斗

理科の実験で使いましたよね。
ろ紙を引いてろ過した人も多いと思います。

主婦の方だと洗剤やシャンプーの詰め替え用に
持っている方もいるんではないでしょうか?

もちろんこの漏斗を使った
マーケティングはないですよ 笑

 

大口から小口への道筋を可視化する

 

というのがマーケティングファネルです。

その図が漏斗に似ていることから
ファネル戦略という名前がつきました。

 

見込み客(大口)から
顧客(小口)にするにはどうしたらいいのか。

何も買うつもりがないユーザー(大口)から
購買意欲が高いユーザー(小口)にするにはどうしたらいいのか。

 

というのをファネルを使って
可視化することによって

やるべきことを明確にし、
道筋を立てることができるのです。

 

では、

どのようにファネル戦略をしていくか。

動画で説明している3つの例からひとつ。
【リストの質】で説明しますね。

 

例 リストの質のファネル戦略

リストの質

上から

 

  • 協賛リスト
  • 無料レポートリスト
  • オプトインリスト
  • メール・スカイプリスト
  • 購入者リスト
  • リピーターリスト

 

です。

上のほうが量は多いけど
質と言うのは低くなってきます。

各ファネルの説明は動画をご覧ください。

ファネル戦略を考えていく時で
重要なポイントは2つです。

 

1番下から考えていくこと

これは本当に重要です。

ファネル戦略を組み立てていく時は
必ず一番下から構築していって下さい。

最終的にどうなって欲しいか。

これを一番下のファネルに持って行き、

 

「こうするにはどうしたらいいか」

 

と、上のファネルを考えて行きます。

これが上のファネルから考えてしまうと

 

「あれ?何がしたかったんだっけ?」

 

とブレブレになったり、
むりやり展開になったりしてしまいますよ。

 

ファネル一つ一つごとにしっかり価値を与える

下のファネルの顧客が
多ければ多いほどいいです。

長期的で安定したビジネスが
可能になるからですね。

では下のファネルに移行してもらうには
どうしたらいいのかといいますと

 

そのファネルごとにしっかり価値を与える

 

ことが重要になってきます。

 

どこの段階で
つまずいているかをまず理解し、

そこでしっかり価値を与えられているか
もう一度見てみましょう。

 

無料レポートのDL数は多いのに
メルマガ登録数が低い。

こういった場合は
無料レポートで価値を与えられていません。

無料レポートをみて
価値を感じないからメルマガに登録しないんです。

 

メルマガ登録は多いけど
フロントエンド成約率が低い

ならメルマガに価値がないんです。

コピーライティングスキルを磨き、
反応が得られるメルマガを書く必要があります。

 

このようにひとつひとつです。
しっかり価値を与えていきましょう!

 

価値を与えるには?

これには総合的な力が必要です。

 

  • 圧倒的な情報量
  • 圧倒的な行動力
  • 圧倒的な実績
  • 圧倒的な教育力
  • 圧倒的な好意

 

あなたのファンの数というのは
あなた自身の力がモロにでます。

情報発信者自身も
常にレベルアップしていかないとだめなんですね。

 

価値を与えるには自身の価値をあげる。

 

これだけです。

 

「なんで買ってくれねぇんだよ!!」

 

なんて他人任せでは
絶対ダメですからね!(*´∇`*)

 

記事のまとめ

■マーケティングファネルで道筋を可視化する■

 

○マーケティングファネルで可視化をし、道筋をたてよう

○下の階層からファネルを構築すること

○己が圧倒的になり、質のいい顧客を増やしていこう

 

以上、
ガンガンやっていきましょう!

なぜ私の生徒はこうも実績をあげ続けているのか
その答えは日本一の教科書にあります

 
 
 
 

りょうたろうにコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ