ブラインドタッチのコツ りょうたろう流上達法【ハウツー動画あり】

ブラインドタッチのコツ

インターネットビジネスを始める前は
人差し指一本で1文字1文字打っていた私が

今では普通にブラインドタッチ
できるようになりました。

 

タイピングが速くできるようになれば
その分時間短縮になりますし、

首を上下に動かさないので
肩こりが楽になりますし(私の経験上)

何よりかっこいいですよね!! 笑

 

ということで今回は、

ブラインドタッチのコツ

私なりの上達法

をご紹介したいと思います。

 

一緒に基礎スキルを構築していきましょう!

 

 

では動画の復習です。

まずは一番大事な
ホームポジションの場所から
見ていきましょう!

 

ホームポジションとは

ブラインドタッチ

ホームポジションとは

常に手をおいておく位置

です。

 

常に、
左手の人差し指が【F】
右手の人差し指が【J】

に置くようにします。

 

この両方のキーには
ポツンと突起物があると思います。

それを目安に指を
ホームポジションに戻して下さい。

 

なぜホームポジションに戻らなければ
行けないかというと、

キーボードを見てしまう人は
キーの位置が分からないというより、

いま置いている手の位置が
どこだかわからない

から見てしまうのです。

 

ですから、

どのキーを打った後も
ホームポジションに戻る。

打ったらホームポジションに戻る。

まずこれをクセづけましょう。

 

キーの位置、各指の担当範囲を把握する

ブラインドタッチB

ホームポジションが分かったところで
次はキーの位置と各指の担当範囲を
見ていきましょう。

まずはキーの位置。
この時もなるだけキーを見てはいけません。

キーボードの配置がのっている
画像をPC画面に出します。

 

覚えるべきポイントは

この指をこれだけ動かせば
このキーが打てるという感覚

です。

抽象的な表現なんですが
この感覚なんですよ(^▽^;)

 

指の担当範囲はその指が
1番押しやすいので自然とそうなるはずです。

 

ではこのキー配置を
わたしがどのように覚えたか。

私なりの上達法をお伝えします。

 

りょうたろう流上達法その1 反復練習

メモ帳でもなんでも良いんですが、
五十音のみを毎日反復していきます。

あああああ
いいいいい
ううううう

とキーボードを見ずに
ただただ淡々と打っていくんです。

 

もちろんディスプレイに
キー配置を映してもOKですよ。

【あ】~【ん】までを
ひたすら反復していきます。

凄い単純なんですけど、

これがキーの配置を覚えるのに
効果抜群なんですよ!

 

時間にして5分位ですかね。

わたしは当時パソコンの前に座ったら
作業の前にまずこの反復練習を
必ず行うようにしていました。

1~2ヶ月もしたらある程度
ブラインドタッチできるようになりましたよ♪

 

りょうたろう流上達法その2 エアータイピング

みなさんもしかしたら
自然にやっているかもしれないですね。

キーボードにさわれない外出中に

目に入ったものを目立たないように
ひたすらタイピングする

これがエアータイピングです。

 

通勤中に目に入った看板、
電車の中の中吊り広告、
選挙ポスターでもなんでもいいです。

イヤホンで聞いてる
音楽の歌詞とかでもいいですね。

 

頭の中と指をちょっと動かして
タイピングしていきます。

・・・まぁ地味ですよね(;´∀`)

 

ですが面白いことに、

覚えていない配置の時は
しっかり手が止まるんですよ。

 

わたしはその詰まった
文字を覚えておいて

自宅に帰ったらその文字を
他の文字より多く反復練習する

というようにしていました。

 

エアータイピングの注意ポイント

子どもの時に

「白線から落ちたら負け~!」

みたいな意味不明な
自分ルール作りましたよね(。・w・。 )

 

その時みたいに、

「信号が青になるまであの看板を打つ!」

とか自分ルール作ったりして練習してました。

 

個人的に凄い楽しんでたんですが
文字にするとなんか寂しい人みたいですね 笑

 

ただ気をつけてください!

おもいっきり他人に見える位置で
指を動かしてるとただの変人です。

 

「イライラしてんのかな?」

とか

「アルコール依存症?」

と思われてしまいますので
バレないようにタイピングしましょうね 笑

 

タイピングソフトはNG?

わたしも最初は
無料のタイピングソフトで練習したり、
有料のタイピングソフトも買ったりしました。

ですけど・・・そうですね。

 

わたしは必要ないと思います。

 

たしかにソフトには分かりやすいように
キー配置や指の担当範囲。

苦手なキーまで事細かに
データがでるんですが

私の性格上ムキになって
やり続けてしまうんですよね(^▽^;)

 

「あとちょっとだったのに!もう一回!」

まぁ元々ゲーム好きなのもあるんでしょうが
全然やめられないんですよ 笑

しかもこういったタイピングゲームは
上手くなればなるほど先へ進めるから

なかなか終われない
という悪循環に陥ります。

 

ただでさえ副業の方は
アフィリエイトに注ぐ時間がないんですから

タイピングソフトなんてやっている
場合じゃないですよね。

タイピング速度が遅くても
記事作成したほうが断然良いので
タイピングソフトはおすすめしませんね。

 

自分に合ったキーボードを使う

私が結構効果があったのが
キーボードの買い替えです。

私は当時PC買った際付属していた
キーボードをそのまま使っていたのですが、

自分に合ったキーボードを使った結果
タイピング速度が上がりました。

 

大手家電量販店でしたら
試打できると思いますので

自分に合ったキーボードを
探してみてください。

 

動画では私が実際使っている
キーボードを紹介しています。

最近タイピングしすぎてキーボードの
文字がかすれてきました(^_^;)

おそらく同じのを買い換えるでしょう。

 

 

以上、ブラインドタッチについて
お話してきました。

ブラインドタッチは

  • ホームポジション
  • キー配置
  • 各指の担当範囲

さえわかれば後はひたすら
数をこなせばできるようになります。

日々の反復練習と
記事作成を繰り返し行なっていれば

あっという間にブラインドタッチ
はできるようになりますので

ブラインドタッチのために作業を怠る・・・
なんて事がないようにしましょう!

 

LP-2  

皆様からのご意見・ご感想

  1. 佐藤 時範 より:

     りょうたろうさんのこのサイトは、分かりやすくて丁寧に説明されているので、コンピュター初心者の私には、非常に重宝に参考させていただいています。
     之からも、このサイトの種類を増やしていただければ幸いです。
     りょうたろうさんの「公式メール講座」にも登録しますので、これからも宜しくお願い、致します。

     以上です。之から宜しく御指導賜りますようお願いします。
    2016/03/12

    • 佐藤さん、
      はじめまして、りょうたろうです。

      非常に嬉しいコメントありがとうございます。
      これからもコンテンツガンガン増やしていきますので
      どうぞよろしくお願いします。

りょうたろうにコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ