デザイン講座その3 Photo Scapeの効果的な使い方

photo scape 使い方

 

ではこのデザイン講座その3から
実際にソフトを使って

画像を編集していきましょう!

今回使うのは

【Photo Scape(フォトスケープ)】です。

 

本記事では、
デザイン講座その1でインストールした

【Photo Scapeの効果的な使い方】

についてお話ししたいと思います。

 

 

では、動画の復習です。

フォトスケープは非常に簡単なので
一発で覚えられそうですね♪

 

フォトスケープの主な使い方

フォトスケープトップ

 

 

【フォトスケープは画像を作る】

という考えでは使いません。

【フォトスケープで簡単に加工する】

と思って使用して下さい。

 

フォトスケープにはたくさんの機能が
あるようですが(私が使い切れていない)

基本的には一番上の

【画像編集】

を使います。

 

この【画像編集】では、
以下の様なことが簡単にできます。

 

○や矢印をすぐ書ける

キーワード プランナー   Google AdWords

こちらは、

【キーワードプランナーの使い方】

という記事で使用した画像です。

赤い線で四角く囲ったり、
赤い矢印が非常に簡単に書けます。

【〇〇の使い方】

など訪問者さんに使い方を教えるような
記事には非常に便利ですよね!

 

囲いや矢印の書き方

11

 

  1. 【オブジェクト】を選択
  2. 項目を選択 

 

矢印なら棒みたいなマークを
選択した後、先端を変更します。

線の太さ(厚さ)や、色なども
ここで全部選択しますからね!

 

 

フレームや字を簡単に書ける

614f9e13bdb809b55911b0aba365ee05_s

 

このような空の画像に
フレームと字を足して・・・

aa

 

このような画像編集が簡単にできます。
記事のトップ絵にいいですね。

 

フレームの付け方

5

 

  1. 【ホーム】を選択
  2. 好みのフレームを選択
  3. よく使うフレームはお気に入りに

 

3

 

 

 

字の書き方

8

 

 

  1. 【オブジェクト】を選択
  2. Tマーク(テキスト)を選択

 

 

するとこちらの画面が出てきます。

 

65

 

  1. 画像に入れるテキストを打ちます
  2. 書体や色・大きさを設定します
  3. アウトライン=フチです。
    フチのあり・なし、色などを設定します
  4. 影のあり・なし、色などを設定します

 

 

モザイク処理も簡単に

フォトスケープ参考2

 

これも以前の私の記事の画像です。
目にモザイクかかっていますよね(^▽^;)

このようなモザイク処理が
一発で出来てしまいます。

例えば、

あなたがどこかの場所に
行った写真を記事に貼るとして

背景に一般の方が写っていたら
モザイク処理をしなければなりません。

プライバシーの侵害として
訴えられてしまうかもしれませんからね。

 

モザイクを入れる方法

22

 

 

  1. 【ツール】を選択
  2. モザイクを選択

 

あとはドラッグして囲うだけです♪

 

フォトスケープはオリジナル画像と言えない・・・?

実際に加工してみたらわかりますが
非常に簡単にできますよね。

多くのアフィリエイターさんが
フォトスケープを利用しているのも頷けます。

しかしですね、
これはこうとも言えます。

 

簡単に画像を加工した程度なので
オリジナル画像とは言いがたい

 

よく、

フォトスケープで加工した画像の
記事ばっかのブログで手動ペナルティを頂いた人が

「オリジナル画像なのに何で?」

と言っていますが、

フリー画像に文字やフレーム。
画像の反転程度では

オリジナル画像とは
お世辞にも言えまえんよね。

 

クローラーのロボットは
オリジナルと判断しても

Googleスパム対策チームは
しっかり人間の目で判断しますから

一発でバレます(^▽^;)

 

もちろん記事で
独自性をつければいいんですが、

ドヤ顔で

「独自性をあるオリジナル画像やで!」

と言うのはやめましょうね。

 

記事のまとめ

■デザイン講座その3 Photo Scapeの効果的な使い方■

 

○文字や矢印・記号・囲みはFhotoScapeにお任せ!

○「これでオリジナル画像だ!」と思うな!!

 

以上、
ガンガンやっていきましょう!

 

LP-2  

りょうたろうにコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ