アクセス解析タグを入れる場所はここ! 無料ブログ&WP編

アクセス解析のタグはどこに入れるべや?

 

インターネットビジネス始めた頃は
HTMLコード見ただけで吐き気がしますよね 笑

無料アクセス解析の解析タグを見るだけで

「はい私には無理ー!」

と敬遠してしまいがちです。
(うちの嫁がそうです 笑)

設定はめっちゃ簡単なので
一緒にやっていきましょう!

本動画では、

【アクセス解析タグの入れ方】

についてお話していきます。

 

 

動画では、

  • アクセス解析・・・USER LOCAL
  • 無料ブログ・・・So-netブログ
  • ワードプレス・・・テンプレート 賢威6.2

で実際に解析タグをいれる場所を
説明しています。

では、動画の復習に
参りましょう!( ̄∀ ̄*)l

 

どのアクセス解析も基本同じ

今回動画で説明した
USER LOCAL以外のアクセス解析も

基本全て解析タグを
いれる必要があります。

タグの名称もたくさんあるんです。

 

  • トラッキングコード
  • 解析タグ
  • 解析コード

 

などなど。

意味は同じなので
混乱しないでくださいね(^▽^;)

 

この解析タグを入れる場所は
基本どのアクセス解析も同じです。

USER LOCALも忍者アナライズも
QLOOKもPTengineも全部同じ場所です。

では、早速行きましょう!

 

解析タグを取得しよう

今回はUSER LOCALで說明します。

サイトの追加   User Local スマートフォン解析

 

  • サイト名
  • サイトURL
  • 日報送ってもらうか選択

この3つを入力したら
【登録する】を押します。

HTML 貼り付けタグを確認   User Local スマートフォン解析

 

画像の赤枠全てが
解析タグです!

これ全部をサイト(ブログ)に
貼っていきます。

【Ctrl+A】で全てを選択した後
【Ctrl+C】でコピーしましょう!

それを後で使うために
メモ帳などに貼っておいてください。

これで解析タグは取得しました。
次にブログに貼る場所を說明します。

 

無料ブログの場合

注意:HTMLやCSSをいじるときは
必ずいじる前にコピーをとっておいてください。

では、
今回はSo-netブログで說明します。

アナリティクス6【①デザイン】

【②テンプレート管理】

【③HTMLの追加】

 

の順に選択します。

既にデフォルトHTML以外に設定
している方はそちらを使用してください。

そしたら、上のハウツー動画、
下記の画像・コードを参考に

解析タグを入れてみてください。

 

アクセス解析 場所

 

 


</div>
<% /if -%>
</div>
</div>
【ここに解析タグを入れて下さい】
</body>
</html>

 

【Ctrl】+【F】で</body>を検索すると
分かりやすいですね。

この</body>の上に
解析タグを貼ってください。

</body>は最下部近くですよ(・∀・)
これで無料ブログはオッケーです!

 

ワードプレス(賢威6.2)の場合

【外観(左サイドバ-メニュー)】

【テーマの編集】

【footer.php】

 

一番下の

<?php wp_footer(); //この行は削除しないでください。 ?>

の下に解析タグを入れてください。

 

WordPress

 

 


</div>
<!--▼ページの先頭へ戻る-->
<p class="page-top"><a href="#container">このページの先頭へ</a></p>
<!--▲ページの先頭へ戻る-->

<?php wp_footer(); //この行は削除しないでください。 ?>
【ここに解析タグを入れてください】

 

ワードプレス(賢威)の
アクセス解析タグ設定は以上です。

 

無料ブログもワードプレスも
設定したら、正常に作動してるかどうか

スマホでもなんでもいいですから、
自分でアクセスして見て確認しましょうね!

 

記事のまとめ

■アクセス解析タグの入れ方 無料ブログ&ワードプレス編■

 

○必ずタグを入れる前のコードはコピーしておこう!

○タグを入れたら正常に作動してるか確認しよう!

○基本は</body>の上!

 

以上、
ガンガンやっていきましょう!

 

なぜ私の生徒はこうも実績をあげ続けているのか
その答えは日本一の教科書にあります

 
 
 
 

りょうたろうにコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ