初心者歓迎!Googleアナリティクス超基本の見方【動画あり】

Googleアナリティクス超基本の見方

 

 

「Googleアナリティクスは項目多すぎて
 初心者には敷居が高いよ!」

 

否!高くない!!

 

トレンドアフィリエイトなど、
通常行うサイト・ブログアフィリエイトなら

見るべきポイントは限られてます。
Googleアナリティクスに苦手意識を

持ってしまってる方は
是非この記事をご覧ください!

本記事では、

【Googleアナリティクス超基本の見方】

についてお話していきます。

 

 

数値が低いのはご勘弁ください(いいわけ)

動画では、

Googleアナリティクスで
アクセス解析初心者のかたに

「ここだけは押さえとけ!」

という超基本ポイントのみ
お話しています( ̄∀ ̄*)

では、

Googleアナリティクスの左サイドバーの
メニュー順に復習しましょう。

 

ユーザー

Googleアナリティクス 見方A

 

注:単語の意味がわからなかったら
こちらの記事を御覧ください。

→ アクセス解析の単語を噛み砕いて解説

 

サマリー

 

  • セッション
  • ユーザー
  • ページ/セッション
  • 平均セッション時間
  • 直帰率

 

を見てください。

できれば、
日付を1日ずつにして見てくださいね。

デフォルトだと集計期間が1ヶ月で
出てしまい詳細なデータがわかりません。

 

特に、

 

関連記事やサイドバーなど
改善した際は確実に見てください。

 

改善前と後でどのくらい数字が変わったか
一週間単位程度で見比べてみましょう!

 

モバイル

自分のサイト・ブログに来てくれてる
ユーザーさんがどの媒体で多く訪問してるか。

ここは、確認しておきましょう。

運営しているサイトのジャンルによって
多い媒体が変わってきます。

Desktopが多いならPCの表示での工夫。
mobile(携帯)ならスマホ表示での工夫など

ユーザビリティの高いサイトに
していきましょう(*^_^*)

 

集客

 

Googleアナリティクス 見方B

 

オーガニック検索キーワード

どのキーワードでアナタのブログに
たどり着いたかを知ることが出来ます。

一番上の【not provided】は無視してくださいね。

 

このオーガニック検索キーワードで
見るべきポイントは、

 

自分が狙ってないキーワードがあったとき

 

です。

自分が狙ってないキーワードで
自分のブログに訪問しているということは

そのキーワードはライバルが
いない(弱い)可能性があります。

なので、そのキーワードで1回
検索してみてください。

いけそうなら、そのキーワードで
切り口を変えて記事を書いてみましょう!

上位表示できる可能性が大ですよ!

 

もっと正確なキーワードを知りたい方は

Googleウェブマスターツールの
検索トラフィックの検索アナリティクス

がかなり詳しくキーワードが出ますよ♪

 

行動

Googleアナリティクス 見方C

 

サイトコンテンツ

この【行動】がGoogleアナリティクスで
一番重要な部分です。

ここで、

自分のサイトの弱点になっている
ページを見抜きましょう!

 

【サイトコンテンツ】のなかの
【すべてのページ】を選択してください。

そうすると、
記事別で詳細なデータが見れます。

 

  • ページビュー数
  • ページ別訪問数
  • 平均ページ滞在時間
  • 閲覧開始数
  • 直帰率
  • 離脱率

 

このなかで、特に重要なのが

 

閲覧開始数

直帰率

 

です。

 

閲覧開始数とは、

ユーザーさんがそのページを
サイトの入口として一番最初に訪問した数

なんですが言い換えれば、
この閲覧開始数が一番高いページは

あなたのサイトで
一番集客してくれてるページということです。

 

そして直帰率というのは、
他のページを見ずにサイトから離れた割合・・・

 

 

・・・ということはですよ?

 

あなたのサイトで最も修正しなければ
ならないページというのは・・・そう!

 

閲覧開始数と直帰率が高いページです!!

 

その記事から如何にして他の記事を
見てもらうかに死力を尽くしましょう!

それだけで数値はどんどん上がってきますよ!

 

記事のまとめ

■初心者歓迎!Googleアナリティクス超基本の見方【動画あり】■

 

○Googleアナリティクスはややこしそうだが、
見るべきポイントは限られている!

○検証 → 改善を繰り返して良いサイトにしていこう!

 

以上、
ガンガンやっていきましょう!

 

なぜ私の生徒はこうも実績をあげ続けているのか
その答えは日本一の教科書にあります

 
 
 
 

りょうたろうにコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ