Googleサーチコンソールの超基本的な見方・使い方【ハウツー動画あり】

サーチコンソールの基本

ウェブマスター(サイト運営者)のあなたは
もちろんGoogleサーチコンソール使っていますよね?

旧Googleウェブマスターツールの
Googleサーチコンソールです(*^^)v

 

多くの方がGoogleのクローラーに
記事を見てもらうようリクエストをする機能

【Fetch as Google】

だけを使用しているんですが、
それだけではもったいないですよ!!

ほかにも素晴らしい機能がたくさんあるので
この動画で学んでいきましょう。

 

今回は、
Googleサーチコンソールの

超基本的な使い方

についてハウツー動画形式で
一緒に見ていきましょう!

 

 

では動画の復習です。

見るべきポイントをまとめたいと思います。

 

サーチコンソールで何ができるか

サーチコンソールには
たくさんの機能があるんですが、

正直専門用語ばかりで
なんのこっちゃって感じですよね 笑

私も正直言うと全機能使いこなせていませんが
全然それで大丈夫です。

今回お伝えする超基本的な使い方で
このような事ができるようになります。

 

  • Googleのクローラー(ロボット)が見に来てくれる
  • 改善点を教えてくれる
  • ペナルティを貰ったかが分かる
  • アナリティクスでは分からないキーワードが分かる
  • 被リンクが分かる

ではさっそく順番に見ていきましょう。

 

Googleのクローラーが見に来てくれる

場所は左サイドバーの

【クロール】 → 【Fetch as google】

の順にクリックして下さい。

サーチコンソールとはA

多くの方がこの機能を目当てに
サーチコンソールに登録していると思います。

おなじみ、

【Fetch as google】

です。

 

「この機能を使えばインデックスする!」

と思っている方もいらっしゃると思うのですが
それは残念ながら違います。

この機能はあくまで
Googleのクローラー(ロボット)に

「私のこの記事見に来てね!」

と伝えるだけです。

 

新規サイトや記事更新しているけど
アクセスが集まっていないサイトというのは

クローラーがなかなか見に来てくれない
(気づいてもらえない)ので逆に
こちらからGoogleに声をかけちゃおう!

というのがこの【Fetch as google】です。

 

Fetch as googleの使い方

サーチコンソールとはB

月500記事まで登録できるので
使わない手はないです。

ガンガンリクエストしていきましょう。

特に使うべき時は以下の2点。

  • 新規サイト立ち上げ当初
  • 1分1秒を争うトレンド記事

です。

 

先程も言ったように
新規サイトはクローラーに
気づいてもらえないので

ガンガンこちらからお声掛けします 笑

 

もう1つが速報トレンド記事。

特にスポーツ大会や
緊急スクープの時ですね。

誰よりも先に記事を書けば
一時ですが爆発的なアクセスがくる
っという時にも効果的です。

 

ですが声をかけたところで
コンテンツ内容がまだまだだったら
当然インデックスはしません。

インデックスしたらラッキーぐらいに
思っておいたほうがいいでしょう(^▽^;)

 

改善点を教えてくれる

左サイドバーの

【メッセージ】

というところです。

サーチコンソールとはC

Google
「404エラーが多いよー」

などサイトの異変をGoogleが
教えてくれる素晴らしい機能です。

 

しかも、

重要な改善点はわざわざメールで
教えてくれるという設定もできますので

メッセージが来た際は
必ず目を通しておきましょう。

 

ペナルティを貰ったかがわかる

左サイドバーの

【検索トラフィック】→ 【手動による対策】

をクリック。

サーチコンソールとはd

ここに手動ペナルティを施した
という温かいメッセージが送られてきます。

 

「このままだと手動による対策するよ」

とかないですからね。

 

「質の低いコンテンツだからやっといたよ♪」

ってメッセージ来ますから
もしこの欄にチェックマークがついていたら
覚悟したほうがいいでしょう(;・∀・)

 

アナリティクスでは分からないキーワードが分かる

サーチコンソールで
1番ここが重要でしょう!

左サイドバーの

【検索トラフィック】 → 【検索アナリティクス】

をクリックすると

どのようなキーワードで
あなたのサイトに訪れたかが分かります。

サーチコンソールとはf

なにが凄いかって
Googleアナリティクスより
詳しく表示されるんですよ!

しかも、

  • クリック数
  • 表示回数
  • CTR
  • 掲載順位

なども非常に見やすく表示されるので

この数値からいろいろ
サイトの弱点を見いだせます。

詳しくは動画でお話していますので
そちらを御覧ください。

 

この検索トラフィックは
記事更新中は週に1回は
最低でも見ておいたほうがいいでしょう。

わたしはGoogleドキュメントにDLして
印刷して分析しています。

よかったら参考に♪

 

被リンクが分かる

左サイドバーの

【検索トラフィック】 → 【サイトへのリンク】

をクリックすると、

どのサイトからリンクを受け取っているか、
被リンクを受けているか分かります。

サーチコンソールとはg

アクセス爆発の要因とか
ニヤニヤするのも良いんですが、

中には自然な被リンクでは
ないようなリンクもあったりします。

自分では何もしていないのに
悪質な被リンクを送られると、

それはペナルティの対象に
なってしまいますので、

ここも注意深く見ておくと
いいですね。

 

本記事のまとめ

■サーチコンソールの超基本的な使い方■

 

○サーチコンソールの基本的な使い方をマスターしよう!

○キーワードを検証し、集客コンテンツを工夫しよう

 

以上、ガンガンやっていきましょう!!

 

なぜ私の生徒はこうも実績をあげ続けているのか
その答えは日本一の教科書にあります

 
 
 
 

りょうたろうにコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ