Googleキーワードプランナーの使い方 トレンドアフィリエイト編

キーワードプランナー

 

特化型ブログで書くネタが決まったら
そのネタの需要を調べましょう!

需要がないのに、そのネタで
ブログを運営しても悲しい結果になるだけです。

そのキーワードの需要を使えば
調べるのに使うのが、

「Googleキーワードプランナー」

です。

本記事は、

【Googleキーワードプランナー】

の使用方法。

そして、トレンドアフィリエイトの際の
効果的な使い方をお話していきます。

 

※2016年12月追記

キーワードプランナーの仕様が変わり
明確な数値が表示されなくなりました。

キーワードプランナーを従来通り使用するには
グーグルアドワーズを利用する必要がある・・・

つまり広告費用(ひと月数百円~千円程度)がかかります。

お金を使いたくない方はこちらの代替案。

季節的な需要リサーチはGoogleトレンドのグラフ、
検索数リサーチはaramakijake.jpをご利用下さい。

→ Googleトレンド

→ aramakijake.jp

 

 

キーワードプランナーの本来の使い方

Googleキーワードプランナーは
本来は、Googleが

広告を出したい人向け
に作った無料のコンテンツです。

このコンテンツを使えば、

 

  • キーワードの平均検索数
  • PPCアフィリエイトの際のクリック単価
  • 競合リサーチ(広告出稿の多さ)

 

などなど・・・。
たくさんのことがわかります。

 

ちょっと難しそうでしょ?

 

・・・ですが

トレンドアフィリエイトの場合は
全部の機能は使いません。
(というか私も使いきれませんw)

ほんの一部の機能だけ、
しかも超簡単なんで安心してくださいね♪

 

では、さっそく使っていきましょう!

 

使用方法

■その1 Googleキーワードプランナーにアクセス

Google AdWords Keyword Planner

 

→ Googleキーワードプランナー

そのまま、
Googleアカウントでログインします。

 

■その2 【キーワードを検索ボリュームを取得】を選択

 

キーワード プランナー Google AdWords

 

その上の、
【新しいキーワードと広告グループの候補を検索】

でもいいんですが、
コチラのほうがシンプルでわかりやすいです。

 

その3 調べたいキーワードを入力

キーワード プランナー Google AdWords2

 

スペースを入れることで、
複数キーワードも調べることが可能です。

さらに、
1行ごとに検索できます。

改行することで複数のキーワードを
一度に調べることが出来ます。

打ったら、
【検索ボリュームを取得】を押しましょう1

 

トレンドアフィリエイトで使うのは

gurafu

 

キーワードの平均検索数

のみです(。・w・。 )

 

ですが、

そこから分かることは
たくさんあります。

 

  • しっかりとした数値で見れる
  • キーワード寿命(おおよそ)
  • トレンドになる時期がわかる
  • 類義語の場合の検索ボリュームの差

 

順番に見てきましょう。

 

しっかりとした数値で見れる

別記事で、ネタの探し方を
色々とお伝えしました。

ランキング攻略
アプリ活用法などなど・・・。

ここで見た気になるキーワードが
実際にどのくらい検索されているか数値でわかります。

要は、

 

「需要が高そう・・・」

から

「需要がある!」

 

という風に、
確証に変わるということです!

こんな安心感ないですよね♪

 

キーワードの寿命を予想することができる

もうトレンドにならない

 

世の中どうなるかわからないので
確定的には言えませんが、

Googleキーワードプランナーは
2年前まで遡って検索数が見れます。

検索数が尻すぼみの場合は
今後トレンドになる可能性は低いですよね。

そういったネタはなるべく避けましょう。

 

トレンドになる時期がわかる

例えば、

【乾燥肌】

というキーワードはどの時期に
検索数が伸びるかわかりますか?

 

・・・そうです。

 

冬ですよね。

 

7月と12月だったら
約5倍もの差があります。

稼げる確率が5倍上がるんですよ!

 

言うまでもありませんが、

検索数が伸びる時期の前に
サイト(ブログ)を仕込むことが大事ですからね!

 

類義語の検索ボリュームの差がわかる

これが地味に助かっています (^▽^;)。

類義語の場合どちらのキーワードで
記事書いたほうがいいか迷った時ありませんか?

例えば、

【ジョギング】

【ランニング】

とか。

この2つの場合、
検索ボリュームが約2.2倍違います。 

 

他にも

正式名称と略語、
どちらが検索数多いのかなど

こういう時に答えを導いてくれるのが
Googleキーワードプランナー様です!

大いに活用しましょう!

 

記事のまとめ

■Googleキーワードプランナーの使い方トレンドアフィリエイト編■

 

○キーワードプランナーを使って検索ボリュームを見よう!

○検索ボリュームのグラフからたくさんの情報を読み取ろう!

○類義しているキーワードがあったら活用しよう!

 

以上、
ガンガンやっていきましょう!

LP-2  

皆様からのご意見・ご感想

  1. ひろ より:

    いつもお世話になっております。
    ひろです。初めまして。

    動画での説明とても助かっております。
    一つ質問があるのですがよろしいでしょうか。

    キーワードプランナー検索時に”推奨入札単価”がでてきますが、これは当然単価が高ければ高いほど1クリックの報酬が大きいと思いますが、それだけライバルも多くなると思います。

    月間平均検索ボリュームも競合性が低いものを選んだ方がいいと思いますが、目安の検索ボリューム等ございますでしょうか。

    例えば、検索ボリュームは”低”で月間平均検索は5万以上、入札単価は100円以上のを狙う。
    など目安はございますでしょうか。

    よろしくお願い致します。

    • ひろさん
      初めまして、コメントありがとうございます。

      どの広告で収益を上げるか
      によっても目安は変わってきます。

      アドセンスなどクリック型広告でしたら
      検索ボリューム3万~5万以上を狙いますし、
      成果報酬型広告でしたらそれ以下でも全然作ります。

      しかし、検索ボリューム2万くらいですが
      ライバル皆無で地味にアドセンス
      月5000円を2年間放置で稼ぎ続けるサイトとかも
      ありますので、あくまで目安と考えていますね。

      推薦入札単価が高いキーワードは
      購買意欲が高いユーザーが多くいる証拠なので
      そこからどう展開していくかがポイントですね。

  2. ぱぺぱぺ より:

    初めまして、いつも動画 拝見しております。
    グーグルキーワードプランナーですがログインすると初めに「キャンペーン画面」が出てきてキーワードプランナーの画面に移動できません。
    最初のキャンペーン画面からどうやってキーワードプランナー画面にしたらいいのか教えていただけたらと思います。
    すみませんがよろしくお願いします。

    • ぱぺぱぺさん
      初めまして、りょうたろうです。
      コメントありがとうございます。

      グーグルアドワーズの画面から移動できないということでしょうか?
      もしそうでしたら、一番上のメニューの【運用ツール】の中に
      【キーワードプランナー】がありますのでそちらから使用することができますよ。

      PS
      お問い合わせの件、
      お返事を書いたのですがメールが送れませんでした。
      受信拒否設定などされていないでしょうか?

りょうたろうにコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ