手動ペナルティ対策講座その2 信頼性向上計画

 

トレンドアフィリエイト 手動ペナルティ

 

手動ペナルティ対策講座その2です。

私はブログの信頼性は
非常に大事だと思っています。

信頼性はユーザーさんの
安心に繋がり、安心は満足に変わります。

ユーザーさんの満足は
ペナルティ対策になるはずです!

本記事は、
手動ペナルティ対策講座その2。

【信頼性向上】

についてお話していきます。

 

 

では動画の復習です。

そんな難しい話ではなかったですよね?
当たり前の事を当たり前にするだけです!

 

■注意
この手動ペナルティ対策講座というのは
あくまで私の考えです。

これをやれば絶対手動ペナルティを
もらわない方法ではありません。
(そんな方法あったら教えて下さい)

 

なぜ信頼性をあげる必要があるのか?

一度ユーザー目線になって
考えてみましょう。

わたしがいちユーザーの時、
結構自己紹介ページを見るんですよね。

どんな人が記事書いてるか
気になるじゃないですか!

記事を書いている人がどのような人物で

どのような理念を持って
ブログを運営しているか分かると

 

私は非常に安心して
記事を見ることができるんです。

 

この【安心】って
Googleの理念の1つ。

【ユーザーさんのため】

になっていると私は仮定しました。

 

では、実際どのような対策をするか、
具体的な対策方法を說明します。

方法は3つです。

 

  • ブログの運営目的をしっかり設定せよ
  • ブログ運営者を事細かくペルソナしよう
  • 広告の数をなるべく最小限にしよう

 

順番に見て行きましょう。

 

その1 運営目的をしっかり設定せよ

トレンドアフィリエイト 手動ペナルティ

 

ブログ名 最新トレンド情報発信ブログ

ブログ説明 トレンド情報を発信します

 

とかよく見るんですが、

 

ユーザー「何で?」

 

って思いません? 笑
特化型ブログでもそうです。

 

ブログ名 〇〇選手応援サイト

ブログ説明 ◯◯選手のについて詳しく書いたブログです

 

こんな説明書いておきながら

【〇〇選手の結婚相手は〇〇?浮気?子どもは?】

とか記事書いてるんです(^▽^;)

 

Google「はい!収益目的~♪」

 

と手動ペナルティを頂いても
何も文句言えないですよね。

応援してないですもん 笑

 

基本ブログを運営するには
明確な理由があるはずです。

それが有耶無耶だと
ユーザーさんの信用は得れません。

 

ユーザーさんにこのブログを運営している
理由を納得させることが重要ですよ!

 

しっかりとした運営目的を明確にし、
それをブログ説明欄にいれましょう。

そのとき特化型ブログなら

説明欄にネタ元のキーワードを
自然に入れるのがポイントです。

 

その2 ブログ運営者をペルソナしよう

ペルソナとは

【仮面を被る】

という意味なのですが、
今回の講座のペルソナというのは

【架空のブログ運営者を設定】

するという事です。

 

当たり前ですが
あなたは常に1人ですからね( ̄ー ̄;

私も数多くのブログを運営してきましたが
全部のブログが【りょうたろう】だったら

逆に胡散臭いです 笑

 

ペルソナをする理由は

しっかり人間が運営してるんだよ!

という安心感を与えることです。
運営目的と合わせて設定しましょう。

 

ペルソナのポイント 設定を細かくする

ペルソナれ

 

設定をより細かくしてその人に
なりきって記事を書いていきましょう!

 

  • 名前 仮の名前(HN可)
  • アバター画像 できれば欲しい
  • 性別 具体的に
  • 年齢 具体的に
  • 出身地 具体的に
  • 趣味 具体的に
  • 好きなこと嫌いなこと 具体的に

 

ある程度設定したら

自己紹介ページを
しっかり作って下さいね。

あなたの心のなかに設定を閉まっても
ユーザーさんはわかりませんから 笑

 

この方法は安心感以外にも
大きなメリットがあります。

それは、

 

設定を細かくすることによって
とても独自性のある記事を書けるんです。

 

設定した出身地が訛りがあるなら
記事の内容を訛りありきで書いたり。

県で有名な建造物があるなら
その建物に例えてみたり。

文字数もどんどん
増やすことが出来ますよ!

 

・・・。

一応言っておきますが、

ネタ元に大きくそれない
キャラクターを設定してくださいね。

中年の親父という設定で
ネイルの特化型ブログを運営したら

ターゲット層にキモがられます(^▽^;)

 

その3 広告の数を最小限に

広告を多く貼ると
ペナルティを受けやすいです。

実際に経験済みですo(TヘTo) クゥ

理由は勿論

 

収益目的になっているから

 

ですよね。

 

広告はあくまで“適度”にです。
1記事に紹介する広告は1種類にしましょう。

 

クリック型広告の場合

クリック型広告は【位置】に注意します。

ブログの価値は記事です。

広告が記事を邪魔しては
意味がありませんよね。

自分がユーザーの立場になって
記事を読むのに鬱陶しい!

と思った場所は避けましょう。

 

成果報酬型広告の場合

紹介したほうがユーザーの為になる
ようなものを紹介しましょう!

1記事に1種類が基本です。
(ランキング記事などは別)

そして物販広告を貼った記事には
クリック型広告は貼らないほうが無難です。

広告も同じく、絞れば絞るほど
クリック誘導率も上がりますからね!

 

記事のまとめ

■手動ペナルティ対策講座その2 信頼性向上計画■

 

○運営目的をしっかり設定しよう!

○仮の運営者像を設定し、自己紹介ページを作ろう!

○広告は最低限、全てはユーザーの為に!

 

以上、
ガンガンやっていきましょう!

 

なぜ私の生徒はこうも実績をあげ続けているのか
その答えは日本一の教科書にあります

 
 
 
 

りょうたろうにコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ