グーグルアドセンス審査!2018年はこんなブログを作るべし!

アドセンス審査

 

 

『全然審査が通過しねぇーーーーー!!!』

 

2016年の春くらいからこのような悲痛な叫びが
いたるところで聞こえています 笑

通らない人は半年以上戦っても通らなかったり、
中には途中でアフィリエイトをやめてしまう人もいるくらいです。

 

検索エンジンで調べても、

 

『画像使っちゃ駄目だよ!』

『いやいや関係ないから!』

『アフィリエイトリンクは駄目だよ!』

『問題ないからwww』

 

結局どないやねんって感じですよね 笑

 

もちろん答えは
Googleのみぞ知るところなのですが、

私自身も改めて
妻のアカウントで取得してみたり、

メルマガ読者さんやコンサル生のブログを検証した結果、
審査が通りやすい傾向がおおよそ分かってきました。

 

うん、

 

やっぱGoogleの言うことを聞くのが1番です 笑

 

ということで今回は、

目から血が出るほど
悔しい思いをしているあなたに!

2018年以降アドセンス審査は
どんなブログで審査を通すべきか

について私の見解を
お伝えしていこうと思います!

 

Googleが求めるコンテンツを理解せよ!

対策や巷の勘違いポイントを言う前に、
まずはGoogleの声に耳を傾けましょうか。

もう、ここに答えが書いてあります。

まずGoogleアドセンスのポリシーの
コンテンツガイドラインを見て下さい。

 

関連性の高い独自のコンテンツを掲載したサイトを作成してください。
Google では、ユーザーに付加価値を提供しないドメインに対して措置を講じます。Google のウェブマスター向けガイドラインの内容をよくご理解いただき、次のようなサイト運営に関するおすすめの方法を実施してください。

引用 Googleアドセンスポリシー

 

要は、

ユーザーにガンガンと価値を与えましょう、
じゃなきゃ罰を与えちゃうぞ!

ってことですね 笑

では続いてウェブマスター向けガイドラインを
見ていきましょう。

 

Google の検索結果におけるサイトのランキングを上げるうえで最も大切なことは、情報を豊富にして、コンテンツのテーマを示す関連性の高いキーワードを適切に含めることです。

ただし、ページのランキングを上げる目的で、語数は多くてもオリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったくないページを作成して、ユーザーの関心を引こうとするウェブマスターもいます。Google では、無断複製されたページやオリジナルのコンテンツがほとんどなくユーザーにとって価値のないページを表示することでランキングを上げようとするドメインに対して、処置を取ります。

引用 Googleサーチコンソールヘルプ

 

要は、

オリジナルのコンテンツ(記事)を作ろうね!
パクリは価値が無いよ!

ってこと。

 

サーチコンソールヘルプでは
同じことをこちらでも言っていますね。

コンテンツを作成するときは、次のようなポイントを確認してみてください。

  • 有益で情報が豊富
  • 他のサイトより価値が高くて役立つ
  • 信頼性がある
  • 高品質
  • ユーザーを引き付ける

引用 Googleサーチコンソールヘルプ

 

これ以上引用するとこの記事も
低品質と判断されそうなのでこのくらいにしておきます 笑

 

まとめると、
つまりこういうことです。

 

『ユーザーのために質の高いオリジナルコンテンツを作ろうね!』

 

アドセンス審査は、

Googleがあなたはそんなコンテンツを
作れる人かというのを判断していると思って下さい。

 

巷で言われているアドセンス対策

では、他のサイトで色々言われている
アドセンス対策をまず簡単にまとめてみましょう。

 

  • 画像・動画は無い方がいい
  • 外部リンク・アフィリリンクは無い方がいい
  • 記事更新は毎日した方がい
  • 最低30記事以上は欲しい
  • 文字数は多い方がいい
  • 管理人ページを作成した方がいい
  • プライパシーポリシーを作成した方がいい

 

果たしてこれらは本当に
必ず守らなければいけないのでしょうか?

 

結論を言ってしまうとNOです。

 

わたしのメルマガ読者さんや、
コンサル生の中には、

 

画像貼りまくって通った人もいるし、
外部リンク貼って通った人もいます。

記事数10記事程度で通った人もいるし、
管理人ページを作らないで通った人もいる。

 

だからどないやねん!って話ですね 笑

 

しかし、

審査を通った方々のブログを見ると、
全て先程言った

 

【ユーザーのために作った質の高いオリジナルコンテンツ】

 

でした。

 

審査通過例その1 メルマガ読者さんの場合

  • 画像・動画 ・・・ 画像貼りまくり
  • 外部リンク ・・・ なし
  • 更新頻度  2日に1記事
  • 記事数 ・・・ 15記事
  • 平均文字数 ・・・ 600文字
  • 管理人ページ ・・・ あり
  • プライパシーポリシー ・・・ なし

 

この方は、
自身のお仕事であるデザイン。

主にロゴなどの作り方について
自身で作った画像を貼りまくり、

一つずつ工程を追ってユーザーに
分かりやすく丁寧に説明しておりました。

 

まさしく先程言った、

ユーザーのために作った質の高い
オリジナルコンテンツそのものですよね。

 

ユーザーのため → 作り方を教える

質の高いオリジナルコンテンツ → 独自のイラスト

 

ここまで独自性が素晴らしいと、
文字数が少なかろうが、
更新頻度が遅かろうが関係ないみたいですね。

 

恐らく、

この方のブログで自身が使っている
画像編集ソフトをアフィリエイトしても
審査には通っていたでしょう。

このブログに訪れるユーザーさんにとって
そのソフトは絶対有益で為になる商品なのですから。

 

まさしく、

Googleが求めているコンテンツだと思います。

 

審査通過例その2 コンサル生の場合

  • 画像・動画 ・・・ 画像貼りまくり
  • 外部リンク ・・・ あり
  • 更新頻度 ・・・ 1日に1記事
  • 記事数 ・・・ 12記事
  • 平均文字数 ・・・ 1000文字
  • 管理人ページ ・・・ なし
  • プライパシーポリシー ・・・ なし

この方は殆ど自身の日記みたいな感じでした。

 

ですがその日記の中で、

 

  • 自身が作った晩御飯のレシピ・作り方を写真付きで紹介
  • 自身が掃除した時のオススメアイテムを写真付きで紹介
  • 自身が行ったレジャー施設の情報を写真付きで紹介

 

など、自己満足コンテンツではなく

しっかりユーザーに価値を与えていたのです。

 

レシピを書くだけだったら、
実際料理をしなくてもネットやレシピ本を見て書けば
誰だって書くことはできます。

でもそれじゃオリジナルコンテンツとは
言えないし、たとえ作ったと言っても判断できないですよね。

 

この方みたいに実際に料理を作って、
その工程などを写真におさめてブログに使用し、

『Googleさん、本当に私が作ったんだよ!』

とアピールしてるから
オリジナルコンテンツになるんです。

 

審査通過例その3 わたしの妻の例

  • 画像・動画 ・・・ 画像・動画あり
  • 外部リンク ・・・ あり
  • 更新頻度 ・・・ 1日に2記事
  • 記事数 ・・・ 40記事
  • 平均文字数 ・・・ 1200文字
  • 管理人ページ ・・・ あり
  • プライパシーポリシー ・・・ なし

 

『1番時間かかってるじゃねぇか!』

 

と突っ込まれそうですが、
これにはちゃんとした理由があります 笑

最初の10日間20記事までは、
今まで通過してきた方法で1度試してみたんです。

 

  • 価値提供を意識しないでただただ日記のような内容
  • 時折時事ネタを混ぜた二次情報満載の内容

 

・・・まぁ余裕で落ちましたね 笑

 

しかし、

しっかり対策を講じ、もう20記事追加した後
すんなり審査に通ることができました。

 

2018年以降のアドセンス審査対策

もちろん答えはGoogleのみぞ知るので、
あくまで私の仮説ということを忘れないで下さいね。

 

ではいきましょう!

私が審査のために講じた対策は
以下の3点です。

 

  • 独自性・専門性
  • オリジナルの価値提供
  • 自然な装い

 

この3つをユーザー1番に考えて
ブログを再構築いたしました。

具体的に見ていきましょう!

 

対策その1 独自性・専門性

私がまず行ったのは、

【ブログのコンセプト設定】

です。

 

どういうことかというと、
このブログは

どのようなユーザーさんに向けて
ブログ管理人の私がこのブログを通じて
どんな事を伝えどんな風になって欲しいのか

をハッキリさせました。

 

私の妻のブログを例に言うと、

なんにも価値を与えていない
平凡な主婦の日記から同じ主婦の方に向けて、

役立つ育児関連・家事関連の情報など、
主婦層が知りたいことのみで記事作成していきました。

 

基本的な内部SEO対策も行いましたね。

 

■関連記事

→ SEOとは?SEO対策を噛み砕いて解説

 

 

そのおかげで、1日2~30PVは
集めれられるようになりました・・・が、
おそらく集客数は関係ないでしょう。

 

コンセプトをより明確化するため
ブログタイトル・管理人ページも作りましたし、

訪問ユーザーが1発でどんなブログか分かりやすいように
ヘッダー画像もGIMPで作ってオリジナルなものに変更しました。

 

■関連記事

→ デザイン講座6 GIMPの使い方ヘッダー編

 

 

プライパシーポリシーなどは作らなかったんですが、
管理人ページに理念などをしっかり盛り込み、

ユーザーの質問に答えられるよう
お問い合わせ欄も作りましたね。

 

『そんなのアドセンス審査に関係あるの・・・?』

 

っと思われるかもしれないのですが、
もちろん関係ないかもしれません 笑

 

ですが、

本来このブログコンセプトは、
ユーザーを第一に考えたら、

至極当たり前にしなければ
いけないことだと私は思うんです。

 

コンセプトが意味不明なブログはユーザーを考えていない!

だってよく見る

【トレンド情報発信局】

ブログ説明文:最新トレンド情報をシェアします

なんて冷静に考えたら
意味がわからないと思いませんか?

 

『どこの誰が、何のために?』

 

ってユーザーは思いますし、
Googleから見たら一発で

 

『はい!広告収入目的~♪』

 

って感じると思います 笑

 

こんなコンセプトが意味不明な
ブログを運営している人が、

将来ユーザーの為に
価値のあるコンテンツを作れるか

・・・って考えたら、
やはり首を傾げてしまいますよね。

 

ですので、

私はコンセプト設定はアドセンス審査に
少なからず影響してくると思っております。

 

 

もし審査がなかなか通らない人は、
もう一度ご自分のブログを見つめ直して下さい。

 

誰に向かって書いているんだろう?

どんな人間が書いているんだろう?

ユーザーにどうなって欲しいのだろう?

 

それが見て分からないブログって
ユーザーの為になっているのかなぁ?

 

そうすると、
変更すべき点は自ずと見えてくるはずですよ!

 

対策その2 オリジナルの価値提供

主に記事内容ですね。

他のブログにはない私のブログにしか無い
価値を提供するようにしました。

 

先程言ったコンサル生みたいに、
料理ネタの記事でも

『作った~!美味しかった~♪』

だけではなく、

 

レシピを事細かく書いて
ユーザーも作れるようにしたり、

実際に写真をスマホで撮影して
他のブログにはないオリジナルな記事作りを意識しました。

 

文字数も引用とか含めず、
オリジナル文章で1000文字~1500文字くらい。

まぁユーザーの悩みや知りたいことを
網羅していけば自然とこのくらいの文字数はいくと思います。

 

ちなみに、失敗した画像をのせましたね。

失敗例も独自の価値提供だと思うので、
しっかり失敗した理由を書き注意喚起しました 笑

 

 

あともちろんなのですが、

記事は設定したブログコンセプトから
ぶれないようにしてくださいね。

 

主婦向けのブログなのに、

【フランス産フォアグラのテリーヌの作り方】

なんて書いても誰も作れないので、
それは価値は提供してないことになりますから 笑

 

その他記事作成について、
細かいポイントをお伝えしていきます。

 

画像・動画

あなたも、字だけより画像や動画があった
記事のほうが断然見やすいと思いませんか?

ユーザーの為を思ったら、

画像を使用しないなんて考えは
自然と無くなるはずなんです。

 

ですが、

著作権などは注意したほうがいいですね。

 

Google手動ペナルティの動向を見るに、
画像の著作権に関してGoogleは
結構敏感なのかなぁと感じています。

 

例えば芸能人の画像とか。

検索エンジンから拝借して、
しっかり引用先のURLも明記してる!

・・・と言っても、
その引用先のブログが著作権違反していたら
まったく持って意味無いですし、

画像にテキストやフレームをちょこっと
編集したところで違反は違反です。

 

ですので、

自分で撮影・作成した
オリジナル画像が用意できない場合は、

無難にフリー画像を使用していきましょう。

 

動画に関しても、
公式の動画のみ使用していきましょうね!

 

■関連記事

→ 芸能人の画像は使ったらダメ?著作権・肖像権を噛み砕いて解説

 

外部リンク・アフィリリンク

これもユーザーを
第一に考えて判断して下さい。

 

外部リンクを貼ったほうが
ユーザーのためになるかどうか。

商品・サービスをアフィリエイトする時は
真にユーザーのためになるか。

 

ですね。

 

たとえば、

あるアーティストの熱愛発覚的な
ネタで記事を書いた場合。

さらっとそのアーティストのCDや、
関連グッズのアフィリエイトリンクを貼るとかはダメです。

 

なぜかというと、

この記事に訪問するユーザーは、
恋人情報を知りたい為にブログに訪問しているから。

CDや関連グッズを欲しい人じゃないからですね。

 

この当たり前の事が出来ている人が結構いません 笑

特にラッキーパンチ狙いの
楽天アフィリエイトとか多いですね。

 

ですので、
もしアフィリエイトリンクを貼るなら、

この商品を手にしたほうがユーザーはもっと幸せになる。

そういった商品のみを貼るようにしましょう!

 

・・・まぁでも、

根本的にPVが全然集っていないのに、
アフィリエイトリンク貼っても意味ないので、

私は審査通るまでは
貼らないことをオススメしています 笑

 

対策その3 自然な装い

自然な装い・・・って言うと、
ちょっと騙してる的な印象を受けてしまいますが 笑

 

要するに、

SEO知識満載の
ゴリゴリ内部SEO対策とか、

審査通すためのブログです!みたいな
アピールをしていかないという事です。

 

具体的には、

  • 狙っているキーワードを見出しや文中に使いすぎない
  • 記事タイトルが日本語として自然なものにする
  • 1日5記事更新とかではなく1日1記事など継続的に更新していく

などですね。

 

あくまで普通、自然体の
ブログ運営を意識していきました。

 

というのも、

Googleはあくまでユーザー第一。

コンテンツが良ければ収益は自然と付いてくる(上位表示する)

という経営理念を掲げてますので、
やりすぎなSEO対策はGoogleに

広告収入 > ユーザー

と判断されかねないと思ったんです。

 

まぁ身構えることなんて無く、
普通のことを普通にしていればいいだけなので
あまり対策とは言えないかもしれませんね 笑

 

アドセンス審査用だから・・・とかいう考えは無くす!

結構長くなってしまったのですが、
以上が私を含めコンサル生に伝えている内容です。

完全に私が立てた仮説なのですが、
今のところ100%のコンサル生が通過しているので
そんな間違ってはいないのかな・・・と感じています。

 

2018年以降のアドセンス審査なのですが、
私個人の意見としては、

もうアドセンス審査用ブログとか
そんな考えは一切捨てて、

今後そのブログにアドセンスを貼り、
そのまま収益化できるような。

ユーザーにガンガン価値提供できるようなブログで、
申請を出したほうが通過しやすいと感じています。

 

ユーザーの為に質の高いオリジナルコンテンツづくり。

 

 

近年のGoogleアルゴリズムの変化や
低品質のコンテンツを駆逐する手動ペナルティ対策。

大炎上したウェルク問題も含め、

アドセンス審査問わず2018年以降の
SEO対策として重要になってくるでしょう。

 

『任せて下さい!私は作れます!!』

 

と胸を張って言えるようなブログで、
アドセンス審査を一瞬で突破していきましょう!

 

 

なぜ私の生徒はこうも実績をあげ続けているのか
その答えは日本一の教科書にあります

 
 
 
 

りょうたろうにコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ